2014年12月09日

人間関係を巡る問題解決のための一手法「修復的対話」フォーラムに参加

 12月6日に参加した「ロールプレイで体験する修復敵対話フォーラム」は、修復的対話を実践している(もしくは実践しようとしている)「NPO法人修復的対話フォーラム」、「NPO法人被害者加害者対話の会運営センター」、「高齢者虐待を未然に防ぐRJ実践研究会」の三団体の共催でした。

DSC02664.jpg

 会場は100人に迫る参加者の熱気であふれていました。
 日本社会事業大学の山下英三郎名誉教授が理事長をされている「修復的対話フォーラム」は、主として子どもたちのいじめ問題について、対話による関係修復によって解決する実践をされています。
 山田由紀子弁護士が理事長をされている「被害者加害者対話の会運営センター」は、名称から分かるように、非行や犯罪といった問題へのアプローチをされています。
 そして私の所属している「高齢者虐待予防を未然に防ぐRJ実践研究会」は、高齢者に関わる人間関係のトラブル解決をはかろうとしています。
 山下先生が冒頭で話されていましたが、このように「修復的対話」という方法は年齢に関係なく、幅広い人間関係のトラブル解決に役立つ可能性があり、そのことによって、だれもが排除されることのない地域をつくっていくことにつながる可能性があると考えられます。
 トラブルを抱えてしまった人間関係の修復というのはハードルが高いのですが、人間関係の再構築、と考えると、アプローチの仕方はハードルが下がるような気もします。
 午後は、三つのテーマごとに分かれてのコンファレンスやロールプレーなどが行われました。私の高齢者虐待チームでは、今まで体験したロールプレイが行われましたが、参加者が異なることで、またちがった展開があり、奧の深さを感じました。
 まだまだ実践に至るスキルは身についていないので、これからも研鑽していきたいと、改めて感じました。
posted by ふくろう at 12:37| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。