2015年02月14日

仕事おこしは地域おこしー障害者だけの問題ではない、共に働き、共に暮らすということ

 昨日は、NPO法人「障害者の職場参加をすすめる会」の仲間と共に、春日部市長に「2014年度共に働く街をめざす提言」を届けてきました。

teigenn2015-2.jpg

 提出後、提言の趣旨説明と意見交換。

teigenn2015-1.jpg

 今回もまた、市役所内に共に働くためのモデル就労の場を求めました。
 これについては千葉県の「チャレンジドオフィスちば」の取組が注目されていますが、埼玉県内でも埼玉県庁の「チームぴかぴか」はじめ、いくつかの自治体でも取り組まれはじめています。
 障害持つ人が働くということはどういうことなのか、どういう支援が求められているのか、それは場を共有しないとなかなか理解できないこと、民間企業に働く場の提供を求めるなら、まず職員の体験が必要なはずです。
 もちろん、「優先調達推進法」によって、障害者と支援者がセットで働く場に自治体の役務の発注を可能にすることもできるはずです。
 それと共に、障害を持つ人の就労支援がまた、地域の人たちの関わりによって開かれていくことで、新たな地域おこしにもつながるはずです。

 意見交換の中で、役所としても、少しづつ取り組もうとしている姿勢が見えていることが分かりました。
 また市長も、「これとこれとこれ、といった問題があるからできないではなく、これをこうしたら出来るんじゃないか、という発想に立つことが必要」とおっしゃってくださいました。
 数年前から何度もくり返して提言し続けてきたこれらのことが、一つでも実りますように。

 


posted by ふくろう at 18:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。