2006年06月13日

菜飯

 大根の葉の一番好きな食べ方、といわれたら、迷わず「菜飯」。

菜飯.jpg 大根の葉は、細かく刻んで塩もみします。
 本当は、こぶ出しでご飯を炊くと良いのでしょうが、いつも炊いたご飯を利用するので、ご飯に粉昆布とシラス干し、そして堅く絞った大根の葉を混ぜ合わせるだけ。
 あとは塩加減を見て、刻んだゴマかゴマ塩をかけていただきます。

 残ったら、おむすびにし、表面にちょっと味噌をぬっておきます。心配だったら焼きおむすびに。
 冷めたおむすびを、ごま油を引いたフライパンで焼くと、また違った風味が楽しめます。

 箸休めは小タマネギの醤油漬け。
 醤油を一煮立ちさせ、酢を加え(量はお好みで)、冷めたら皮をむいた小タマネギにかけ回します。
 軽く重しをし、冷やしておくと半日ほどで味がなじんできますが、わが家ではビンにきっちり詰めて、冷蔵庫の片隅に寝かしておいています。
posted by ふくろう at 08:29| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。