2006年06月19日

水菜の辛子和え

 水菜は、京菜と呼ばれたころは、なんと言っても「ハリハリ鍋」にするのが一番でした。
 昔は関西では、鯨のベーコンとハリハリにしたと聞きましたが、今は、鰤の薄切りか、豚バラ肉のスライス、さっぱりといきたいときは、油揚げを短冊に切ったもので…。

 初夏は、サラダも連日は…、というときは、辛子和えにします。

水菜.jpg

 豚肉のスライスを湯がき、線切りに。
 水菜も茹でて水気を切り、豚肉の長さに合わせて切ります。
 辛子を出し割醤油で溶き、豚肉と水菜を和えて、上にすりゴマもしくは刻んだゴマを振りかけます。
posted by ふくろう at 20:16| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。