2012年04月12日

希望をつなぐということ

kannzume.jpg

 石巻の福祉法人から送られてきた「希望の缶詰セット」です。
 瓦礫に埋もれた中から取り出された缶詰が各地で売られ、希望の灯をともし続けて半年後、復興第一弾として製造された鯨の大和煮の缶詰と、やはり震災直後は震災を免れた味噌を販売していた「長寿味噌」が仕込みを再開してできた味噌のセット、850円です。

 少しずつ復興に向けての足音は聞こえてきています。

 午後から、雨が上がったかな、と期待しつつ、日比谷公園に向かいました。
 大飯原発の地元と連携しつつ東京で連日繰り広げられている「再稼働反対」の行動、昨日は野田首相と枝野通商産業大臣に要望書を提出するために、国会に向かいました。
 もちろん、要請デモの先には首相・大臣はおろか与党の議員の姿はなく、社民党、共産党、みんなの党の議員の方々が要望書を受け取って下さり、国会審議を尽くすと力強く語ってくれましたがー。

 雨足が強まるなか、集まった700人は、その後、溜池からぐるりと回って、関西電力東京支社と東京電力の本社から新橋へ。なぜかデモ申請で認められたコースがこれだったとか。
 警備に当たる警察の方々も、皆、水も滴る状態でした。
 このようなデモも要請行動もいらない政治判断をしてほしいものと思っています。

 桜の花はチラホラ散り始めていましたが、すっくり伸びた枝の先のケヤキ、クスノキの若葉、そしてプラタナスの若葉が美しく映える夜空、福島の方がマイクで訴えていました。
 「電気は足りてます。東京の夜は、こんなに煌々と電気が照らされているではありませんか」と。
 おりしも、関西電力の試算では、大飯原発が再稼働しない場合でも、電力不足に陥るのは58時間程度、との発表がありました。
 みんなの叡智で切り抜けられる状況と言えます。以下は中日新聞の報道です。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012041101001987.html

 要望書の全文は、以下の通りです。

<要請書>
                               2012年4月11日      
総理大臣 野田佳彦様 
経済産業大臣 枝野幸男様

 安全詐欺の「政治判断」による大飯原発3、4号機再稼働を中止してください。

 野田首相ら4閣僚が1両日中にも閣僚会合を開き、大飯原発3、4号機再稼働の「政治判断」を強行しようとしています。私たちは、以下の理由からこの「政治判断」自体の中止を要求します。

1. 再稼働の前提とされるストレステスト審査を担った原子力安全・保安院、原子力安全委員会は、東電福島第 一原発事故を招いた「戦犯」組織であり、信頼を完全に失っています。

2. ストレステスト意見聴取会委員の強い懸念を無視して作られた保安院の審査書は無効です。

3. 当事者、主権者である傍聴者を締め出して強行された保安院、安全委員会の審査は無効です。

4. 審査対象の原発メーカーから献金を受け利益相反の疑いがあるストレステスト意見聴取会の4委員(岡本孝
 司、山口彰、阿部豊、奈良林直)と班目春樹安全委員長、代谷誠治安全委員らによる審査は無効です。

5. 班目安全委員長は「1次評価だけでは安全性評価は不十分」と表明し、保安院の市村知也原子力安全技術基盤 課長も同調しました。2次評価抜きで「安全」と判断することはあり得ません。

6. 関西電力は大飯原発の耐震安全評価において、3本の活断層の連動による揺れを不当に低く見積もっていま 
 す。計算式の妥当性を含め、情報を開示し、時間をかけた3連動評価が必要です。

7. 保安院が安全委員会への回答書で、制御棒の挿入評価値を従来の「2.16秒」ではなく「1.88秒」との関西電 力のデータを記載したのは、「原発耐震偽装」であり重大なスキャンダルです。

8. 原子力規制庁の発足と国会事故調報告の反映がない限り、再稼働を議論する余地はありません。

9. 保安院、安全委員会、4閣僚が責任転嫁し合う「無責任トライアングル」は許されません。

10. 枝野経産相の言葉通り「日本全国が地元」です。福井県、京都府、滋賀県、大阪府はもとより、日本全国の 自治体、住民の完全な同意なしに再稼働することは許されません。

11. 根拠不透明な関西電力の「電力需給見通し」を口実に再稼働に動くのではなく、独立した第三者による検証 を早期に実施し公表すべきです。安全性と需給を天秤にかけてはなりません。

12. 全ての世論調査で再稼働反対が大多数です。主権者無視の権力行使に正当性はありません。

13. 4閣僚が進める「原発は安全だから対策は後回しでいい」との新たな安全神話を拒否します。4閣僚は「事 故が起きた時の責任」ではなく「事故を防ぐ責任」こそを果たすべきです。

 主権者である市民は、既に、再稼働反対と脱原発を「政治判断」しています。4閣僚は、民意を受け止め、市民を危険にさらす再稼働ではなく、脱原発こそを「政治判断」すべきです。私たちは、再稼働を断念し、原発稼
働ゼロから一刻も早く原発全廃へと進むことを強く求めます。

 再稼働反対!全国アクション

posted by ふくろう at 11:40| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Posted by 株の銘柄 at 2012年05月27日 14:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

大飯原発の再稼働「妥当」=安全宣言、電力不足も考慮―経産相、14日に福井訪問
Excerpt:  野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら3閣僚は13日、首相官邸で原発の再稼働を協議する6回目の会合を開き、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転再開を「妥当」と判断した。会合では、大飯3、4..
Weblog: 【2ちゃんねるまとめ風】国内のニュース
Tracked: 2012-04-14 00:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。