2013年05月05日

1万72人ものランナーが、薫風を切って走った「大凧マラソン大会」

 3日の「大凧揚げまつり」は所要があって参加できませんでした。が、今年は見事に風に乗ってあがったとのこと。私が行くと揚がらないんだ、と思ったりします。
 昨年は大雨の影響で河川敷が水浸しで中止になっただけに、今年の関係者の皆さんの喜びはきっと、大きなものがあったことと思います。ご苦労さまでした。

 昨日は、同じく庄和で行われた「大凧マラソン大会」に参加しました。

 野田線に乗ってびっくり。車中は走る気満々の出で立ちのかたが目立ちます。

 南桜井駅についてまたびっくり。
2013-05-04-1.jpg

 送迎バスを待つ人の列が、駐輪場をぐるりと取り囲んでいます。しかし、駐輪場を回ったとことでまたびっくり。

2016-05-04.jpg

 月末や年金支給日の銀行のように、カラーコーンで仕切られた列がクネクネと。乗るまで7台ほど待ったでしょうか。

 9時の開会式。今回は25回目という記念すべき大会。ゲストランナーの川内優輝さんと、平井信行さんの人気はすごく、式場の周りはたくさんの方がいらしていました。

 参加したランナーは、北は北海道から南は沖縄まで、全国42都道府県から1万72名とのこと。アマチュアランナーにとって魅力のある大会に育ってきたことは、本当にすごいことです。改めて、関係者の皆さんのご努力に感謝、です。

2013-05-04-3.jpg

 合わせて8000人を超えるランナーがエントリーしている、10Kmとハーフのスタート地点。右奧の画面の切れたところにも延々と続いています。
 川内選手は、一番後ろから走って、さて、何人抜けるか楽しみですが、追い越すのが一苦労と思われます。
 結果は発表になりませんでしたが、なんと10位以内でゴールしたもようです。ちなみに、ハーフのトップは川内選手の弟さんでした。

2013-05-04-4.jpg

 次々にゴールし、走り終わった人たちは応援団と一緒に、新緑に包まれた公園でくつろいでいます。
 本当に、庄和総合支所と運動公園のあたりは、素敵なロケーションです。

 参加者の中に、障害のあるお子さんが伴走の方と一緒に走っている姿が目につきました。完走できてよかったね。また一つ、素敵な体験が増えたことでしょう。

 

posted by ふくろう at 11:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 議会報告「風のたより」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。