2015年01月17日

集団的自衛権容認の阿倍政権にレッドカード!

本日は、「集団的自衛権行容認使反対!戦争のできる国にしない! 女の平和・国会包囲ヒューマンチェーン」に参加しました。
 アイスランドで女性が立ち上がった「レッドストッキング運動」に思いを重ねるとともに、「集団的自衛権容認」に突き進もうとしている阿倍政権にレッドカードをつきつける、という思いを重ねて,何か一つでも赤い色を身について参加、という集会です。

2015-12-17-2.jpg

 「女の平和」実行委員会という様々な女性たちの集まりによって急遽実行が決まった行動ですが、結果として国会を二重に取り囲むことができる6000人を上回り、7000人近い人たちの参加があったとの報告がありました。

2015-12-17-1.jpg

 国会正門前だけでなく−。

2015-12-17-3.jpg

 長い赤い人々の列が続きました。

 ちなみに、アイスランドのレッドストッキング運動≠ニいうのは、以下のようなものです。
 アイスランドでは、1970年「レッド・ストッキング」という古い因習を打ち破る運動が始まりました。そして、1975年10月24日、アイスランドの女性たちの90%が休暇をとり、家事を放棄して、女性の役割がいかに重要なのかということを訴え、大統領府前の中央広場を女性たちで埋め尽くす歴史的な大集会を開きました。
 このような運動によって男女平等を勝ち取っていったアイスランドで、1980年には民選で世界最初の女性大統領が誕生しました。
 このヴィグディス・フィンボガドゥティル大統領は、1986年、レーガン•ゴルバチョフ両大統領による初の直接平和会談、いわゆるレイキャヴィーク会談を主宰しました。
 
 この史実に倣い、平和を熱望する女たちの思いを「赤」で表現した午後でした。
posted by ふくろう at 19:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。